短小のデメリットあれこれ

短小ペニスにいいことなんて、ありません…

短小という言葉を聞いて心当たりのある男性は、まずその時点で自分のペニスについて気になっている人でしょう。

 

男性のペニスは「第二の自分」ともいえる程の存在で、セックスをする際にはペニスの大きさや形が非常に重要です。

 

大切な恋人と愛を育むためのセックスが楽しめない短小ペニスは、想像以上にデメリットが多くあります。

 

「小さいけど、まあ大丈夫」とあまり深く気にしていなかった人も、この機会に短小ペニスであることで女性にどんな悪影響を与えているのか、等について知りましょう。

大量にある、短小のデメリット

短小であることのデメリットとして、まず女にモテません。

 

男性だけでなく女性も性欲はあるのでセックスが好きな人は多いですが、セックスの時にあまりにも小さいペニスを見て、またこの人とセックスしたいと思うかは、かなり疑問です。

 

ペニスの大きさだけで男を判断するのは、男サイドからすれば小さい女だなと思うかもしれませんが、女サイドからすれば、おっぱいが小さいからで女を判断する男と変わりません。

 

ペニスも小さければ、器も小さいな、等と言われるのがオチです。

 

次に、知り合いや友人の前で自分のペニスを晒し出しにくいでしょう。

 

かっこいい極太のペニスであれば男としての存在感や自信があり堂々とさらけ出すことができますが、小さくて短いペニスは周りからあざ笑われます。

 

折れないハートがあれば別ですが、コンプレックスは隠すのが人間の本能ですので、堂々とさらけ出せないのはデメリットでしょう。

 

他には、トイレで周囲を意識する、またはトイレがうまくできない等もあります。

 

水着はトランクス、下着もトランクス、ブリーフはサイズが丸わかりだから履けないといったことがあり、短小であることのデメリットは多くありすぎます。

 

 

短小のデメリットを改善する方法

短小のデメリットは多くありますが、多くの男性が悩んでいるため改善する方法もたくさんあります。

 

美容外科で手術、増大器具を使用する、サプリメントを摂取する等です。

 

それぞれ効果や手法、継続について等条件が違いますので、自分にあった方法を試しましょう。